ブラタンゴ

ぶら丹後 花鳥風月 ブログ

ブラタンゴ

彼岸花の咲く季節

秋彼岸の頃、地中から花首を伸ばし、真っ赤で妖しい美しさのある花を咲かせる彼岸花は「曼珠沙華」とも呼ばれています。
ブラタンゴ

丹後縦貫林道が秋色に映えていました

久しぶりに丹後縦貫林道を走ると、秋の野山の花が咲き誇り、すっかり秋色に変わっていました。
ブラタンゴ

夕日ヶ浦 福寿院

夕日ヶ浦にある福寿院は魚籃観音像があるお寺として知られています。魚籃観音とは、美しい魚売りの行商人に身を変えて、仏教を広めたとされる観音様です。昔、中国に竹かごに魚を入れて行商をする美しい娘がいました。それは大変な美人で、若者たちは競って求婚しました。すると娘は教本や経典を一番多く覚えた者と結婚すとると言って、若者達に経典の暗諳を競わせました。そして抜きん出た若者と婚礼の日に、娘は忽然と消えてしまいました。後に残っていたのは、黄金の観音像だったということです。
ブラタンゴ

ヒヨドリバナに恋するアサギマダラ

野山では花の少ない時期ですが、丹後縦貫林道を🚙で走っていると白い花を目にしました。止まってよく見ると、アサギマダラが夢中で吸蜜していました。かなり近寄っても花に釘付けで、全く逃げようとしません。恋は盲目とはよく言ったもので...
ブラタンゴ

この作品を見れ~!

ちょっと美術に興味のある人なら、この帽子を手に持ち、祈るような姿を見れば、直ぐに、フランスの画家・ミレーの作品「晩鐘」を思い浮かべるはずですね。 でもミレーをまったく知らない人は・・・
ブラタンゴ

危ない! 願い、交通安全

経ヶ岬付近の178号線を車で走っていると、前方に猫🐈がうずくまっているような動物が路上 中央にいて、ブレーキを踏みました。(-_-;) 皆さん、前方をよく見て運転しましょう。
ブラタンゴ

👟クツジマ(沓島)

若狭湾北西部に浮かぶ冠島は、京都府の鳥に指定されたオオミズナギドリが生息する島として有名ですが、その横にある小さい方の島の名前を知る人はごくまれです。ご存じですか?
ブラタンゴ

暑い!(>_<) そうだ!今福の滝へ行こう

猛暑日の中、山間にある「今福の滝」へ行くと、そこは自然のミストが涼を創る別天地でした。
ブラタンゴ

これが現実、悲しい箱石浜の風景(-_-;)

 一歩視線をずらすと、そこは人間が作り出したゴミの山です。(-_-;)  普段は見苦しい物から目を反らし、綺麗な物だけ写真に収めるのですが、散策の途中出会った地元の人に、多くの人が来て、この現実を見て欲しいという言葉に共感を覚え、今回は見苦しい部分を隠さずに載せて見ました。
ブラタンゴ

ブタナ(>_<) 可哀そう過ぎる名前

キク科エゾコウゾリナ属の多年草で、帰化植物としてはまだ100年程の新参者ですが、今やすっかり日本の野の花の一員として認められつつありますが、ブタナとはひどい名前を付けられたものです。(>_<)
タイトルとURLをコピーしました